風間翔一. フランクルはナチスによって 妻との間にできた子を中絶させられ、 さらに年、父母や妻とともに テレジアシュタット強制収容所に 送還されてしまったのです。.">

フランクル 名言


14.09.2021 著者: Moto

考え込んだり言辞を弄することによってではなく、ひとにえに行動によって、 適切な態度によって、正しい答えは出される。. フランクルは科学者の立場から あえて特定の宗教の立場に 立つことを明言しませんが、 苦悩に主軸を置いている という点ではキリスト教的な 考え方に近いともいえますね。.

異常な状況では異常な反応を示すのが正常なのだ。 太平記読み 講釈師 人間は正常であるほど、たとえば 精神病院に入れられるといった 異常な状況に置かれると異常な反応を示すことは、 十分に予測できる。. この本の特筆ところは、フランクルの 精神分析医としての視点 です。収容された人々の心を知ることができ、それを通してナチス収容所の悲惨さをより深く感じれ、「 人として生きること 」を考えさせてくれます。. 結局のところ、フランクル哲学の真髄は、「態度価値」にあるといえる。  なぜならば、態度価値こそが、ロゴス(愛)を覚醒させる最大のチャンスだからである。  態度価値には、いかなるごまかしも、偽善も、入り込む余地はない。自我を喜ばせるあらゆる要素は失われている。他の価値、たとえば創造価値や体験価値では、単なる自我の満足を「愛の喜び」だと錯覚させる可能性が潜んでいる。.

今回の本の名言で取り上げたのはオーストリアの心理学者 ヴィクトール・フランクル の世界的ベストセラー本「 夜と霧 」です。 ヴィクトール・フランクルはユダヤ人として、あのナチスの ホロコースト (大虐殺)を経験、最大の被害者を出したと言われるポーランドのアウシュヴィッツ収容所をはじめ、チェコやドイツの収容所を転々とし、 約3年もの過酷な期間 を生き抜きました。 リンク. そこで、あらためて意味とは何かを考えてみたい。  繰り返すように、フランクルのいう意味とは、ロゴスを覚醒させる何かである。創造行為だとか、自然・愛・美の体験が、まさに意味だといっているわけだ。.

強制収容所にいたことのある者なら、 点呼場や居住棟のあいだで、 通りすがりに思いやりのある言葉をかけ、 なけなしのパンを譲っていた人びとについて、 いくらでも語れるのではないだろうか。. ヴィクトール・フランクルはユダヤ人として、あのナチスの ホロコースト (大虐殺)を経験、最大の被害者を出したと言われるポーランドのアウシュヴィッツ収容所をはじめ、チェコやドイツの収容所を転々とし、 約3年もの過酷な期間 を生き抜きました。.

第3段階では収容所からの解放について述べられています。印象的なのが、自由の身になっても家族を失い、 せっかくの解放も孤独の中に陥り 、幸せを感じることができないというものでした。フランクル自身も彼以外の家族は全員収容所で亡くなり、フランクルだけが生還しました。. 人間はなにごとにも慣れることができるというが、 それはほんとうか、ほんとうならそれはどこまで可能か、 と訊かれたら、わたしは、ほんとうだ、 どこまでも可能だ、と答えるだろう。 だが、どのように、とは問わないでほしい….
  • それに対してフランクルは、逆説的な質問を彼女浴びせかけた。 「でも、その意味は、彼の人生が終わったとたんに、消え去ったのではありませんか?」. そして彼は、そんな人間の精神(生命)の源を「ロゴス」と呼んだ。 ロゴス(logos)とは、「論理」「精神」「宇宙法則」「神」といった意味の言葉である。.
  • すでに述べたように、超意味であるロゴスを根源とする人間は、存在することそのものが意味であり、存在を通して意味(愛)を表現するというのが、その実存的本性であった。  したがって、ロゴスのエネルギーを受け入れている人、換言すれば、自己超越した人は、まさに意味に満ちた存在感を放つようになる。存在そのものを通して、他者に意味(ロゴス)の実在を呼び起こす不思議な魅力をもっているのだ。フランクルはこう伝えている。. 軍医が死んで黒くなった足指をピンセットで附根から引き抜く のであるが、 それを彼は静かに見ている のである。.

わたしたち、この収容所に 最後まで残ったほんのひと握りの者たちが、 あの最後の数時間、 「運命」がまたしてもわたしたちを 弄んだことを知ったのは、 人間が下す決定など、 とりわけ生死に関わる決定など、 どんなに信頼のおけないものかを知ったのは、 それから数週間もたってからだった。. わたしたちは、 おそらく、 これまでのどの時代の人間も知らなかった 「人間」を知った。 では、この人間とはなにものか? 人間とは、 人間とは なにかをつねに決定する存在だ。 人間とは、 ガス室を発明した存在 だ。 しかし同時に、 ガス室に入っても 毅然として 祈りのことばを口にする存在 でもあるのだ。. 転生したらスライムだった件 最強のスライム誕生 暗く燃え上がる雲におおわれた西の空をながめ、 地平線いっぱいに鉄 くろがね 色から 血のように輝く赤まで、 この世のものとも思えない色合いで たえずさまざまに幻想的な 形を変えていく雲をながめた。.

愛は人が人として到達できる究極にして最高のものだ、という真実。今わたしは、人間が詩や思想や信仰を つうじて表明すべきこととしてきた、究極にして最高のことの意味を会得した。愛により、愛のなかへと救われること! このひとりひとりの 人間にそなわっているかけがえのなさは、 意識されたとたん、 人間が生きるということ、 生き続けるということにたいして 担っている責任の重さを、 そっくりと、まざまざと気づかせる。.

  • もし、発想を逆転させて 「人生があなたに何を期待しているか?」 と考えたらどうでしょう。.
  • 覚えていないとしたら、どうですか?」 「彼の人生の意味は残っています」 「それとも、記憶力がなくなったとしたら?」 「残っています」 「それとも、ある日、最後の患者が死んでしまったとしたら、どうでしょうか?」 「残っています・・・・・・・」. 結局のところ、フランクル哲学の真髄は、「態度価値」にあるといえる。  なぜならば、態度価値こそが、ロゴス(愛)を覚醒させる最大のチャンスだからである。  態度価値には、いかなるごまかしも、偽善も、入り込む余地はない。自我を喜ばせるあらゆる要素は失われている。他の価値、たとえば創造価値や体験価値では、単なる自我の満足を「愛の喜び」だと錯覚させる可能性が潜んでいる。.

PTSD. SS .

「フランクルの「名言」に学ぶ心を強くする考え方」記事一覧

English -英語-. 目次 夜と霧(ヴィクトール・フランクル著)とは? 夜と霧:アウシュビッツで生きる意味を見つけられるのか? 夜と霧:生きる意味を問う・ロゴセラピー 夜と霧:ミッション(天命・使命)とは?あなたは「問われている存在」である! 夜と霧:まとめ. 今回の記事で改めて 「使命・天命」という言葉に触れ、若いときとはまた違った静かな興奮 を覚えました。.

加賀田さま ご回答ありがとうございました。 理解できました。 質問を紹介していただいたので、同じような疑問を持たれている方にも参考になったかと思います。 私は20代の頃は自己肯定感の低さから「使命」というものをことさらに意識していました。 「メシアン・コンプレックス」と言ってもよかったでしょう。 自分に特別な使命があると思うことによって自己重要感を満たしていたのでしょう。 年齢を重ねていくうちに、普通であること、平凡であること、ありのままの自分でいることに自信を持ちたいと思うようになりそれはそれで一応の成果を見たと思います。 ですから 「人生」=「使命」 という文脈であるかもしれないとうっすらとは感じましたが、そういう意味ではないのだろうなと片付けていました。 今回の記事で改めて 「使命・天命」という言葉に触れ、若いときとはまた違った静かな興奮 を覚えました。 このような深いバックボーンを持たれている加賀田さんのセールス哲学はとても素晴らしいものだと思います。 いつか必ず加賀田さんのセミナーに参加させていただきたいと思います。 この度は誠にありがとうございました。.

SNSアカウントで登録

覚えていないとしたら、どうですか?」 「彼の人生の意味は残っています」 「それとも、記憶力がなくなったとしたら?」 「残っています」 「それとも、ある日、最後の患者が死んでしまったとしたら、どうでしょうか?」 「残っています・・・・・・・」. 被収容者はほとんどまったくと言っていいほど、 性的な夢を見なかった。 他方、精神分析でいう 「手の届かないものへのあがき」、 つまり全身全霊をこめた 愛への憧れその他の情動は、 いやというほど夢に出てきた。. しかし、こうした自己処罰的な意味づけは、結局、自分の罪を洗い清めるためだとされ、苦しみそのものが目的となり、マゾヒズムと変わらなくなってしまう。<中略>  しかも不幸なことに、自己処罰のあやまった意味づけは、しばしば他者に投影され、他者を傷つける結果にもなりかねないのである。  たとえば、だれかがぞっとするような不幸に見舞われたりすると、「あの人は罪深い人間だから、あのような不幸にあったのだ」と思い込んでしまうのだ。.

するとかの彼女は、自分のかかりつけの医師がそうだったと返答した。 「どんなに患者の世話をし、どんなに患者のために生きたことか・・・・・・・・・」  今は亡きその医師の人生こそ、真に意味のあるものだといったのである。. 精神がこれほどいきいきと面影を想像するとは、 以前のごくまっとうな生活では思いもよらなかった。 わたしは妻と語っているような気がした。 妻が答えるのが聞こえ、 微笑むのが見えた。. などの意味があると思いますが、 「生きることが期待する」 ってどういうイメージでしょうか?. 旧版には、「ユダヤ」という言葉が一度も使われていないのだ。「ユダヤ人」も「ユダヤ教」 も、ただの一度も出てこない。かつて何度か読んだときには、このような重大なことにまったく気づかなかった。 まずなにより、フランクルはこの記録に普遍性を持たせたかったから、そうしたのだろう。一民族の悲劇ではなく、人類そのものの悲劇として、自己の体験を提示したかったのだろう。さらにフ ランクルは、ナチの強制収容所にはユダヤ人だけでなく、ジプシー ロマ モビルフォートレス 者といったさまざまな人びとが入れられていた、ということを踏まえていたのではないだろうか。 このことに気づいたときは、思わず姿勢を正したくなるような厳粛な衝撃を受けた。.

  • そしてわたしたちは、 暗く燃え上がる雲におおわれた西の空をながめ、 地平線いっぱいに鉄 くろがね 色から 血のように輝く赤まで、 この世のものとも思えない色合いで たえずさまざまに幻想的な 形を変えていく雲をながめた。.
  • 意味ある行為に没頭しているとき「これに意味はあるのか?」なとど問いかける自分は、そこにはいない。いわば「無我の境地」になっている。  つまり、創造価値や体験価値がなぜ「意味」となり得るのかといえば、結局のところ、その行為が「自分」という意識を忘れさせるからに他ならない。.
  • 哲学用語を使えば、 コペルニクス的転換 が必要なのであり、 もういいかげん、生きることの意味を問うことをやめ、わたしたち自身が 問いの前に立っていることを思い知るべきなのだ。.
  • こうした巨視的な視点に至った時、 この世に無意味な人生というものはなくなり、 たとえ喜びよりも苦しみや悲しみの方が 多い人生であっても、胸を張って 「これでよかったのだ」と 全てを受け入れることが できるようになるのかもしれません。.

ヴィクトール・フランクルの名言15選

ホロコースト最大の収容所とされたアウシュヴィッツをはじめ、ナチスが権威を持っていた時代は ヨーロッパ各地に収容所が置かれていました 。. フランクルはナチスによって 妻との間にできた子を中絶させられ、 さらに年、父母や妻とともに テレジアシュタット強制収容所に 送還されてしまったのです。. 異常な状況では異常な反応を示すのが正常なのだ。 精神医学者の立場からも、 人間は正常であるほど、たとえば 精神病院に入れられるといった 異常な状況に置かれると異常な反応を示すことは、 十分に予測できる。.

logos.


同様の出版物:

Eメール: [email protected]
ポータル上の広告 girneivfa.com